バイアグラジェネリック

バイアグラと高血圧

バイアグラと高血圧

 

日本人の国民病ともいえる高血圧。

 

遺伝が強く、両親のどちらかが高血圧だとその子供は高血圧になる確率が高くなります。

 

また、昔の魚を中心にした日本食にくらべ最近の食事は欧米化が進んで、肉中心の食事に変化して来ています。

 

これらの食事は元々農耕民族の日本人の体には合っておらず、どうしても血管に脂肪がたまりやすい傾向があります。

 

ですので、最近では子供にまで高血圧が発症してしまっています。

 

高血圧は最初の内は、症状がありませんので気が付かないまま進んでしまいます。

 

だいたい何となくふらふらするなどの症状が現れて、医者に行った時にはすでに薬でコントロールしなければいけない状態になっている方がほとんどです。

 

実際にここまでくる間には、血管に強い圧力が掛かった状態が長く続いていますので、人によっては血管がもろくなってしまっている人もいます。

 

血圧の薬を飲んでコントロールを始めますと、血管への圧力が下がり、通常の元のしっかりした血管に戻ってきます。

 

ですので、医者に行って体に合った血圧の薬を処方され、血圧がコントロールされている方は、全く普通の健康な人と変わらないと判断してかまいません。

 

このような方はバイアグラを服用しても全く問題はありません。バイアグラも血管拡張作用がありますので、場合によっては血圧が必用以上に下がる事も考えられますので、その場合には、医者と相談して今飲んでいる血圧のクスリの量を変更してもらいましょう。

 

一番問題の人は、高血圧にかかっているのにも関わらず、治療をしていない人です。血圧の症状は人により違いますので、稀に何の症状も無いのですが、検査するとかなりの高血圧の人がいます。

 

このような方は40〜50代に多く、そのような方がバイアグラを服用しますと、血管に更に圧力が掛かり血管の壁が耐えられなくなった時に悲劇が起きます。

 

バイアグラを飲もうと持っている方は、一応医者に行って自分が隠れ高血圧でないかを確かめてがから服用するようにしましょう。

 
バイアグラジェネリック

ホーム RSS購読 サイトマップ